クレジットカード現金化業者と自分で売買した場合の換金率のお得感

クレジットカードのショッピング枠を使って現金化をする場合、クレジットカード現金化業者を使うこともできますし、換金性の高い品物を買って自分で売買して現金を作るといったこともできます。どちらにしても「換金目的で物品を購入し、それを売る行為」はクレジットカード会社個々の契約内容には反していますが、「違法であるか」という点では「違法性」とはいえず、最悪でも「契約解除」程度になります。しっかりとその後の支払いを行っていれば、購入したものはどう使おうと構わないわけですから、問題になることもありません。その点を踏まえたうえで、業者を使った場合と、自分でものを購入し、それを売買する場合と、どちらがいいのかの検討は必要です。「換金性の違い」です。現在、クレジットカード現金化業者も手数料等がかなり下がっています。1割程度という業者もありますので、それであれば100万円の契約で90万円が金策できたということになります。利用者はその後、100万円とカードの利息をコツコツと支払って完済すれば、問題はありません。ただし、100万円のショッピングをした時と比べて実質の利息は大きくなっているのと同様ですから、自分サイドの注意と確認が必要です。

それでは、自分自身で換金性の良い物品を購入し、自分で売買することで現金を作る方法とクレジットカード現金化業者を利用する方法とでは、どちらがお得かということになれば、ケースバイケースになります。一般的に換金性が良いとされている新型の電化製品やブランド物でも、質屋などを利用して現金化を試みれば、購入価格の9割を超えて買い取ってもらえることは稀です。一般的な品物であれば、ほぼ3割から5割程度での買取となります。もっとも換金率が良いもので、公共機関のチケットなどがありますが、こちらでも8割から9割。現金化業者とあまり変わりません。しかし「レア度」が加味されるコンサートチケット等を購入し、それをネットなどで販売する場合、購入した額面以上で売買できることもあるでしょう。ネットオークション使った売買であれば、少々時間はかかります。金策に時間的な余裕があれば、有効な手段です。これらを考えたときに、一般的な商品を自分で売買するのであれば、現金化業者のほうが確実性も手間もかからないことになりますし、額面以上で売れるネタがあれば、自分で売買するほうがお得になります。自分はどちらの方法が選択できるのかによって、クレジットカードでの金策方法を決定するとよいでしょう。

三つ葉STORE │ 携帯電話の換金・現金化はお任せ

PAGETOP
Copyright © 現金化と換金のお話 All Rights Reserved.