自分で売買するクレジットカードの現金化、換金について

  • HOME »
  • 自分で売買するクレジットカードの現金化、換金について

クレジットカードの現金化、換金というのは、クレジットカードで普通に買い物をし、それを買い取ってもらうことで手軽に現金を手にする方法です。買い物とそれを売ることの両方を自分で売買しなければならないのが多少の手間ではありますが、この方法には大きな魅力があります。それは何といっても、既に手元にあるクレジットカードを利用して現金化できるということです。
現金が必要なとき、普通に考えると消費者金融などのカードローンがまず初めに思いつく人も多いでしょう。テレビでも頻繁にCMをやっていますし、街頭でも広告がよく目につきます。ですから、お金を手にするといえば反射的にカードローンを思いつく人が多いのは当然で、実際に使用履歴のある人もいるでしょう。ところが、この方法は当然ながら新規の申し込みが必要です。今ではネットで申し込みができたり、無人の契約機でも行えるとか、即日融資可能など、できるだけハードルを下げる努力はされていますが、それでも心理的なハードルは決して低くはないでしょう。
ところがこの方法は、既に持っているクレジットカードをそのまま使うだけです。普通に買い物をするのと何ら変わるところはありませんから、その分ハードルは低いのです。

ただしもちろん、クレジットカードで買った商品を現金化、換金してもらうために買取店に持ち込むというハードルは残ります。自分で売買する以上、これは仕方がありません。ただ、最近ではチケットショップはごく普通に見かけますし、その他の中古品買取の店も増えてきていますので、実際に使用履歴のある人もいるでしょう。
現金化にあたって注意しておくべきことは、換金性の高い商品を頻繁に購入しているとクレジットカード会社から不審な利用の仕方と見なされ、最悪の場合カードの利用ができなくなることです。換金率の高さ、手軽さから、商品券や回数券などを購入することが多いでしょうが、この意味では気をつけるべきです。おそらく、たまに購入するくらいであればカード利用停止とまではいかないでしょうが、気をつけておくに越したことはありません。
具体的な対策としては、換金性が高いと思われている商品券や回数券をあまりに頻繁に購入しないことです。代わりに、若干還元率などで劣るものの、不審がられる可能性の少ない商品を混ぜましょう。ブランドものの時計とかバッグ、アクセサリ類です。このような商品は比較的還元率が高い上に、頻繁に購入していたところで不審がられる可能性が低く、おすすめです。

PAGETOP
Copyright © 現金化と換金のお話 All Rights Reserved.